はこばこ跋扈

1日1投稿を目標に雑多な内容を書いていければと思っています。最初のうちは迷走を重ねるとは思いますが暖かく見守っていただければ・・・

タイピング速度を上げたい話

はじめに

最近ではスマートフォンに慣れ親しんだ人が多く、コンピュータが扱えない若者が増えてきたなんていう話も聞くことはあります。しかしレポートを書いたり細かな作業をするときにはコンピュータを扱ったほうが効率が良く、ましてや情報を学んでいる身としてこれを扱えないことには話にもなりません。 そんな中でコンピュータに対して入力を行う際に用いられるデバイスとしてキーボードはコンピュータが出来上がった時から存在し、現在においても必須とも呼べる存在です。

長ったらしい前置きはさておき タイピング速度を上げたすぎるという雑談に付き合ってもらえると助かります。

前フリ

Twitterの僕の大学アカウントを見てもらえればわかる通り、所詮無刻印キーボード芸人をやっている節が見受けられます。その名称の通り、私が普段愛用しているキーボードがHappy Hacking Keyboardの無刻印・墨使用を用いてることからこのように扱われてしまってます。

元々大学のタイピングテストに向けて「無刻印のキーボード使えばタイピング矯正できるでしょ」ぐらいの感覚で購入したキーボードであったのです。

しかし購入後2年は経過しましたが
タイピング速度は改善されてません

一体どういうことなんでしょうか。

オチ

結局のところタイピングが強制されたところで、
指の動きが効率よく動かせてないことが原因と自己分析を行いました。

確かに現行のqwerty配列は英字タイピングを行うことを前提として作成された配列であるため、ローマ字入力の入力効率を考慮されてないこともタイピングの速度低下の原因とも考えられます。

しかし、自分の他人のタイピングを見ていると自分のタイピング時の指の動きはあまりにもぎこちなく、洗練さが足りてないのに加えてミスタイプが多く感じています。ですのでまずはこれを改善してから、文句を言うべきなのかなと感じているこの頃です。

とりあえずは、自分の脳で発している言葉がそのまま手から声の代わりに発言できるような感覚でタイピングできるようになれたらいいなと感じています。

終わりに。

マイニングしたりレポートを書いたり、久しぶりにPCの整備を行ったりしていたら気づいたら日付変更間近になってしまいました・・・

ブログ開設して初めてレベルの内容の薄いブログになってしまいましたが、まぁコミケ前後もこんな感じになるかと思われますのでそんな感じでゆるく続けていけたらいいなと思います。

どうぞこれからも、よろしくお願いします。

はこね